fbpx

目標達成の確率とモチベ・行動力を同時に上げる改良型アンビシャス・ターゲットツリーの作り方

スキル

心理学においてもっとやる気を高める心理対比と目標達成の方法を明確にするツールをかけ合わせた方法をご紹介します

アンビシャス・ターゲットツリーとは?

アンビシャス・ターゲットツリーとは、TOC思考プロセスから派生した、目標達成のツールです

TOC思考プロセスとは、複数ある問題(症状)を引き起こしている、たった1つか2つの根本原因を特定し解決するためのもの。

何を変えるのか?何に変えるのか?どうやって変えるのか?を体系的に思考することができ、少ない労力で複数の問題を一気に解決することができます。

その中で、どうやって変えるか?を誰でもわかりやすく使えるようにしたのが、アンビシャスターゲットツリーと呼ばれるもの。

主に、達成方法がわからないほど大きな目標、未知の分野の目標を達成するときに使います。

[ad]

心理対比とは?

心理学者のガブリエル・エッティンゲン博士が、20年の目標達成研究で見つけたモチベーションを上げ、行動力を高める方法

まず、目標を達成したところをイメージして、その次に、達成を困難にする障害をイメージする。これだけで、なぜか、長期間高いモチベーションが維持される事がわかっています。

ちなみに、達成不可能だと思う目標でやると、完全にモチベーションが消えるので注意。

改良型アンビシャス・ターゲットツリーとは?

コーチングを研究していた時に作ったもの。

TOCのアンビシャスターゲットツリーと心理対比をかけ合わせています。

書くだけで、目標の達成方法が具体的になり、かつモチベーションも上がり、行動力が高まります

改良型アンビシャス・ターゲットツリーの手順

  1. 目標を書く:一番上にあなたの目標を書いてください。
  2. 達成に必要なもの(何が揃えば自動的に達成されるのか?)を書き出す:これが揃えば自動的に目標が達成されるというものを全て書き出してください。
  3. 障害を書き出す:達成に必要なものをそろえるために、障害となることを書き出してください物理的なものでもいいですし、精神的なものでもいいです。
  4. 解決策を書き出す:障害を克服するための解決策を書き出してください。
  5. 最後にどの順番で始めるか決める:後はどの順番に揃えていくかを決めてください。

たったこれだけです。特に、実現の仕方がわからない大きな目標であったり、自分がやったことのない未知の分野の目標を達成した時に、力になってくれるでしょう。

今すぐ試してみよう!

早速、紙とペンを用意して、今週の目標を立ててツリーを完成させてみてください。

読んだだけではピンとこないって人も、実際に書いてみれば理解が深まると思います。

コメント