fbpx

振り込め詐欺の対策?被害に合わないためには、何に気をつけたら良いの?

ライフ

詐欺師達は手を変え品を変え、どんどん振り込め詐欺の手口を新しくしています。一度詐欺にひっかかれば、100万円に200万円と被害にあうケースは多いようです。今日はそんな巧妙な振り込め詐欺に引っかからないための対策を見ていきましょう。

1.自分は大丈夫と思わない

  • 相手はプロです。素人を騙すことなって赤子の手をひねるよりも簡単です。
  • ですので、私は騙されない私は詐欺にあわないなんてことは思わない方がいいでしょう。
  • むしろ、そんなこと思っている人たちほど振り込め詐欺に騙されているのが現状です。

2.電話の声は聞き分けられない事を知る。

  • 電話の音声だけでは、本物か偽物か見分けがつきません。
  • これは人間の脳の構造上の問題もあるのですが、一度音声を電波信号に変換してしまうと声質が変わってしまい、似たような声になってしまうからです。
  • ですので、電話の音声だけで本物か偽物か、見極められるなんて考えないほうがよいでしょう。

3.電話番号を変える。または自宅の電話を無くす。

  • 電話での詐欺の場合、過去の流出した情報から電話番号が詐欺師に渡っているケースがあります。
  • 相手が電話番号を知っているから、詐欺の電話がかかってくる。
  • だったら、思い切って電話番号を変えてしまうのも1つの手。

4.ナンバーディスプレイの導入

  • 電話にナンバーディスプレイなど、相手の電話番号が表示される仕組みを取り入れましょう。
  • ナンバーディスプレイ対応の電話機と、NTTやKDDI、ひかり電話の場合はネット会社などで、ナンバーディスプレイサービスの申込みをすると良いと思います。
  • そうすれば、かかってきた電話が知っている人か、見知らぬ人か、一目瞭然。
  • 知らない人からの電話には出ないか、出ても慎重に対応することができるようになります。

5.深呼吸して落ち着く

  • 人が騙されるのは、冷静さを失っているからです。
  • 詐欺師はさまざまな手段で、感情を揺さぶり冷静さを奪おうとします。
  • 怪しい電話がきたら、一度、深呼吸して落ち着くクセをつけましょう。
  • 冷静になれば、怪しい点にも気づきやすいですし、正しい対応もできるようになります

6.1度は人に相談する。また、すぐに振り込まない。

  • 誰かに言われてお金を振り込まなければいけなくなったときは、一度、人に相談するクセをつけておくと良いです。
  • 友人、銀行や郵便、コンビニの定員さんなど、目の前に会える人に一度確認しておくようにすると良いかと思います。
  • 特に冷静さを失っているときは、1人では騙されていると気づきにくいので、第三者の頭を借りるようにしましょう。

7.心と体の健康を保つ

  • 詐欺師は、あなたの冷静さを失わせ、あなたを騙すために、さまざまな方法で心をかき乱してきます。
  • 体調が悪いと、心理面で不安定になりやすくなるため、そういった揺さぶりにまんまとハマってしまう事があります。
  • 日頃から心と体の健康に気を使い、体調を万全にしておきましょう。

8.詐欺の手口を知っておく

感情を揺さぶる

  • 人間は感情が乱れ、理性を失うと正しい判断ができなくなります。
  • 事件、事故、脅迫(法的手段をとる)などのシチュエーションを使って、感情を揺さぶり、パニックを引き起こさせるのです。
  • 焦っている人間、不安になっている人間、怖がっている人間ほど操りやすい事を知っているので、このような手口を使ってきます。

権威性を利用してくる

  • 人は権威性に弱い生き物。
  • 警察官、弁護士、医者、政治家、会社の上司など権威ある人は信用しやすい。また、権威のある人間のの命令を、人が聞きやすいという特徴を持っています。
  • この性質を利用し、ナチス・ドイツは、普通の人びとを無条件に従わせ、ユダヤ人の大量虐殺を行いました。
  • 人間は、追い込まれると良心のある一般的な人でも、残虐な命令に従ってしまいます。(会社員が上司の命令で、同僚を死亡させた事件もある)
  • 権威性を使えば、人を殺させることができるぐらいだから、金を振り込ませるぐらい簡単なのです。

人の情につけ込む

  • 子供、孫、夫、妻、母親、父親など肉親への情につけ込んで、お金をだまし取ろうとしてきます。。
  • 彼らが困ったことが起きた!金が必要だ!と言われれば、助けてあげたくなる気持ちもわからなくもありません。
  • 詐欺師は、この人の情につけ込んでお金をだまし取ろうとします。

人の欲につけ込む

  • 投資系の詐欺などは「儲かりたい!」という気持ちに。還付金・返金系の詐欺など「得をしたい!」という気持ちにつけこんできます。
  • そもそも「楽して儲けたい」「人より得をしたい」など、ずるい気持ちがある人間は騙しやすいのです。

人の正直さ・誠実さ、世間体を守りたいという気持ちにつけこむ

  • 正直な人、誠実な人は、世間体を気にする人は、架空請求詐欺に合いやすいです。
  • 詐欺師は「家族に迷惑をかけたくない」「使ったのだからしょうがない」そういった気持ちにつけこむのできます

騙し取り方は多様化している

連絡手段

  • 接触方法は多様化している。電話だけではない。郵便物(はがき、封書)、メール、SNS、自宅訪問などさまざま。
  • ですので、電話だけではなく、あらゆる連絡手段で、詐欺師は接触してくるということを知っておいてください。

振り込ませ方

  • 銀行振込だけではありません。プリペイドカード(ギフト券)の番号、キャッシュカード・クレジットカードの郵送送付、人を受け取りに送る、水道などの集金を装うなど様々な方法でお金を騙しとろうとします。
  • ですので、銀行振込だけではなく、あらゆるお金のやり取りの方法があるので、注意をしましょう。

他のも細かい事例は次のサイトをチェックするといい

騙されないためには、まず落ち着くクセを付ける

  • 詐欺師どもは、あなたの感情をあの手この手で揺さぶり、冷静さを失わせようとしてきます。
  • なので、なにか心が乱れることがあったら、深呼吸して一旦落ち着くクセをつけてください。
  • 深呼吸して落ち着くクセがついていれば、心乱れる事があっても冷静に考え対処することができるでしょう

コメント