fbpx

女性がキャリアにおいて不利なのは、差別や偏見だけが理由ではない可能性

スキル

女性は男性に比べて年収が低い、出世しづらい、仕事が見つかりづらい、といろいろな情報が出てきています。この理由は女性差別であったり、女性に対する偏見が元で起こっていると言われています。しかし、女性がキャリアにおいて不利なのは差別や偏見だけが原因ではないかもしれないデータが出てきました。今日そんなお話をご紹介します。

interviewing.ioの変わった実験

interviewing.ioとは?

  • interviewing.ioは、コンピュータの技術職向けで面接の練習を提供しているアメリカのサービスです。
  • interviewing.ioでは、この他にも、ユーザーと企業のマッチングを提供しています。
  • ユーザーと企業の条件があえば、通話やチャットを通じて面接がうけることができるわけです。

ボイスチェンジャーを使った実験

  • スタッフのラーナー氏によると、利用状況を分析をしてみたところ、1回目の面接から次の面接に進む割合が、男性と女性で異なることが判明しました。
  • 企業のフィードバックでも、男性が4点満点中3点。女性が2.5点。女性が低かった。
  • 女性はITに弱いというバイアスが影響していないか?それを調べるためボイスチェンジャーを使った面接実験を行うことにしたそうです。

ボイスチェンジャーによる面接の結果

実験の設計

  • 専用のアプリを開発。
  • 毎週火曜日に実施
  • 参加者は243人。3分の2は男性で3分の1は女性
  • 「ボイスチェンジャーなし」「音程変更なしでボイスチェンジャーあり」「音程変更ありでボイスチェンジャーもあり」という3つのグループで調べた

面接の結果

  • 男性の評価が高かったのは、性別による偏見ではなかった。
  • ボイスチェンジャーで女性として面接を受けた男性が高評価を出したり、ボイスチェンジャーで男性として面接を受けた女性が低いスコアをだしている。

女性は、失敗が苦手?

  • 当初の仮説とは真逆のデータが出たため、さらに分析を続けたところ・・・
  • 分析の結果、1回目の面接で失敗した女性は、別企業の面接をうけることなくサービスを止めいた。その割合は男性の7倍にもおよぶ
  • この結果ラーナー氏は、「女性は失敗から立ち直るのが苦手なのかもしれない・・・」と語っている。

・最後に

  • この結果から、女性に対する差別や偏見がないとは言えなと思います。
  • しかし、失敗から立ち直るのがヘタであるという心当たりがある女性は、もっと自分に自信を持つよう意識するといいのかも知れません。
  • 私は、女性はまとめ役(マネージャーやリーダー)としての資質が、男性より高いと思っているタイプなので、もっと女性が上に立つ社会が実現すれば、世の中良くなるんじゃないかな~と思ってる次第でございます。

参考:https://gigazine.net/news/20160701-voice-modulation-gender-interview/

http://blog.interviewing.io/we-built-voice-modulation-to-mask-gender-in-technical-interviews-heres-what-happened/

コメント