fbpx

自信がない3つの原因とは?

ライフ

自信がないと普段うまくいくことも、うまくいかなくなったり、仕事や学習の効率がおちたりします。

なぜ、自信がない、自信がなくなるのでしょうか?

今回は、その原因についてお話します。

自信がない3つの原因

1.他人と比較している

 

自信というのは絶対的なものではなく相対的なものです。つまり、誰かと比べて○○ができる、誰かと比べて自分は劣っている、そう思った時に人は、自信が持てたり、自信を失ったりするのです。

 

適度な比較は、現状の自分を知ることに繋がり、建設的な努力を見出すことはできます。

 

しかしその比較が過度になってしまうと、大きく自信を失ってしまうのです。

 

なので、今、自信を失っている人は、まず比較することを止めてください。ほんのしばらくでいいです。あなたの自信を回復するまでは、他人との比較をやめてみるといいでしょう。

 

2.事に自信がないのに、自分に自信がないと勘違いしている

 

初めてのことに自信を持てないというのは当たり前のことです。なぜなら、それについてうまくできるのか?うまくできないのか?予測することができないからです。その場合、不安になるのは当然のことでしょう。

 

しかし、初めてのことに対して自信がないわけにもかかわらず、自分に対して自信がないと勘違いしてしまうことがよくあります。

 

これは過度の一般化によるものです。過度の一般化というのは、その時、たまたま起こった出来事なのに「いつも失敗する」「必ず、失敗する」「みんなに嫌われている」と大きく解釈してしまうことです。

 

「いつも」「必ず」「みんな」という言葉を使い始めたら、「“まれに”、失敗するときもある」「“今日は”、失敗した」「“あの人は”、私を嫌っているように見える」という言葉に置き換えて見るようにしてください。

 

3.できないことに意識を向けている

心は集中したものが増える性質がある

 

人間の心は集中したものが増えるという性質を持っています。ポジティブなものに意識を向ければポジティブな気持ちが増えます。逆にネガティブなものに意識を向けると、ネガティブな気持ちが増えてしまうのです。

 

悲観的なことは悪いことではありません。なぜなら、最悪なことを想定して、それに対する心の準備であったり、対応策を考えることにつながるからです。

 

しかし、それが行き過ぎてしまうと不安症であったり、自信喪失につながることがあります。 ですので、ほんの些細なことでいいので、前向きなことに意識を向けるクセをつけるようにしてみてください。

 

できていることに意識を向けよう

 

その時使ってほしいフレーズがこれです。

 

「とはいえ、できているところは?」

 

ネガティブ思考の人が、いきなり物事を前向きに捉えようとしても、なかなか難しいものです。それに無理にポジティブ思考をしようとすればするほど、逆にネガティブ思考か強くなってしまうということは心理学では分かっています。

 

ですので、ほんの些細なことでいいので、どんなに最悪な状況にいたとしても、「とはいえ、できているところは何か?」と今あるものに目を向ける訓練してみてください。

 

今あるものに意識を向け続けていけば、まったくのゼロではないんだということがわかります。それが少しずつ心を明るくしていき、次の1歩を踏み出す力を与えてくれるのです。

コメント