fbpx

お客が増える1つの方法!海賊版の調査結果から判明…

お金

フリーランスの方は何かしら商売をされている方であれば、お客さんを増やすことに関心があるでしょう。今日は違法な海賊版が及ぼす影響の意外な事実から学ぶ、お客さんの増やし方についてお話ししていきます。

無料で利用させれば買う確率は上がる

  • シンプルな結論を言えば、無料で利用させれば利用させるほどお客さんは商品を買う確率が上がるということです。
  • 海賊版は、正規品の売上を奪っていると、世の中では言われていますが、TorrentFreak(ネットの著作権問題やプライバシーなどを扱うサイト)によれば、事実は真逆であるといいます。
  • 違法ダウンロードを経験したことがある人ほど、音楽関連のグッズやコンサート、 CD などにお金を使っていることが分かっています。
  • MusicWatchが行った音楽関連の支出調査でも同じ結果が出ています。

MusicWatchの音楽関連の支出調査

  • MusicWatchの調査による統計結果によれば、全体の統計では、1人当たり19ドルを音楽に支出しているのに、違法DL経験者のみに絞ると、1人当たり33ドルに跳ね上がる事がわかっています。
  • 上のものはグッズやコンサート、CD などを含めたものですが、音楽を聴くだけのユーザーに絞っても同じような傾向があることが分かっています。

音楽を聴くだけのユーザーが、1年に音楽に使うお金

  • 音楽を聴くだけのユーザーに絞って統計を出してみると、次の通りになります。
  • 購入ユーザー:45ドル
  • 違法DLユーザー:61ドル
  • つまり、これが何を意味するのかと言うと、違法ではあるものの、無料で音楽を聞いているお客は、それだけ、音楽にお金を使う機会が増えているということです。
  • では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

返報性の原理

  • 人間は社会的な生き物です。そのため社会の中で、うまく生きていくために自然と備わった習性がいくつかあります。その一つが返報性と呼ばれるもの。
  • 返報性の原理とは誰かから何かをプレゼントされたりすると、何かお願いをされた時に、その人からのお願いに YES と答えやすくなるという性質です。例えばこのような実験があります。

 

好意の返報性の実験

仕掛け人(A)が飲み物を買いに出かけ、帰ってきたときに被験者(B)福引券の購入を持ちかけるというものでした。

自分(A)の分だけを買ってきた場合と比べて、相手の分(B)のジュースも買ってきた場合、福引券の購入率が2倍も高いという結果になった

引用:http://careergarden.jp/column/henpouseinogenri/

  • これはひとつの実験ですが、他の実験でも同様の結果が出ています。
  • それだけ、返報性というのは強力な心理トリガーになっているわけです。

どうやって無料のパワーをビジネスに取り入れるか?

では、どうやって無料のパワー、返報性の原理をビジネスに取り入れればいいのでしょうか?それには次の三つの方法が考えられます。

  • お試しサンプルを用意する:何かお試しで無料で配れる部分がないか考えて、配布します
  • 一定期間無料にし、その後課金する:これは継続課金のモデルに有効な方法です。
  • 集客用の商品と利益用な商品を分ける:これはフロントエンド・バックエンドと呼ばれるものでもあります。集客用の無料の商品を配って、集まったお客さんに利益をとるための商品を販売していくという方法です。

基本的にはこの三つを行えば無料のパワー、返報性の原理をビジネスに取り入れることができるでしょう。

 

参考①:www.musicwatchinc.com/blog/bad-company-you-cant-deny/
参考②:https://gigazine.net/news/20160311-pirates-spend-more-money-on-music/

コメント