fbpx

お金が貯まる人がしている5つの習慣

お金

お金が貯まる人はそうでない人と比べてほんの些細な習慣の違いというのを持っています。一つ一つは本当に小さなものですがそれがつもりつもって大きな結果となって現れてくるのです。

これから浪費体質から貯金体質に生まれ変わるためにお金が貯まる人がしている5つの習慣をご紹介していきたいと思います。

お金が貯まる習慣5:まず先に自分に支払う

お金が貯まる人は、余ったお金を貯金するのではなく、給料が入ったらまず先に貯金額を引きます。月々3万円貯金するとしたら、例えば20万円の給料から、先に3万円を引いて貯金に回し、残りの17万円で1ヶ月を過ごすというやり方をしています。つまりお金が入ってきたらまず最初に、将来の自分に貯金という形でお金を支払っているわけです。

お金が貯まる習慣4:目的別に口座を複数持っている

お金が貯まる人というのは、目的別に口座を複数持っている人が多いです。例えば貯金用、生活用、投手用といった具合に口座を分けています。最低でも貯金用と生活用の銀行口座を持っている人がお金が貯まる人には多いようですね。

お金が貯まる習慣3:欲しいものは衝動買いせず、計画を立てる

お金がたまらない人というのは、欲しいものがあるとすぐに衝動買いをしてしまいます。しかしお金が貯まる人というのは、欲しいものがあった場合、その欲しいものを買うための貯金計画を立てます。

例えば欲しいものが5万円だとしたら、 月々に8400円ずつ貯金をして、半年後にその商品を購入したりします。このように月々積み立ててから買う。

こういった習慣を持っていると無駄なものを買うことも少なくなりますし、計画的に欲しいものを購入することができるので、ある時生活費が足りなくなる、何てリスクを回避することもできます。

お金が貯まる習慣2:小さいお金ほど大切にしている

お金が貯まらない人は小さなお金を見落としてしまいがちです。例えば ATM の手数料。これが代表的だと思います。

お金が貯まる人は、自分にリターンのないお金をなるべく使わないようにします。 ATM の手数料は、手数料がかかる時にお金を下ろしても手数料がかからない時間帯にお金を下ろしても結果は変わりません。

こういった無駄な小さな支出を見落とさずに、自分にリターンがないものにはお金を使わないということを徹底していると自然とお金が貯まっていきます。

お金が貯まる習慣1:断捨離をする

お金が貯まる人というのは、人生に一度は断捨離を経験しています。なぜ断捨離がいいのかと言うと、これは本当に必要なものなのか?何を残すのか? 何を捨てるのか?真剣に悩むからです。そして、一度、必要かどうか真剣に悩む経験をすると、それがトレーニングになり、その後も必要なものかどうか考える癖ができます。

やってみると面白いですが、断捨離をした後は、何かを購入する時にも、本当に必要なものかどうか真剣に考えるようになり、真剣に考えるからこそ、無駄なものは買わない、無駄な支出はしなくなっていくわけです。

断捨離はお金以外にも、人生に何が必要で何が必要でないのかを考えるきっかけにもなってくれます。自分の人生を整理整頓する上でも、役立つエクササイズなので、是非一度は経験してみてほしいと思います。

では以上お金が貯まる人の5つの習慣でした。

コメント