fbpx

即効性のあるキスマークの消し方3つを厳選

カラダ

キスマークが自然に消えるには大体7日ぐらいかかると言われています。

しかしそんなに待っている余裕はありません。

でもネットを調べて、即効性のあるキスマークの消し方を探しても、方法がたくさんあり結局どれをやったらいいのかわからなくなりませんか。

そこで実際に効果のある厳選した三つのキスマークの消し方を、ご紹介していきたいと思います。

他のサイトを見てよくわからなかったという方はこのページの内容を参考にしてみてください。

即効性のあるキスマークの消し方3つを厳選

1.シャワーで温めて指で強く揉む

この方法が一番効果が高いです。実際試してみると、すぐに薄くなります。二日目にはほとんど分からない状態になりますし、三日目にはキスマークが消えているでしょう。

さらに効果を上げたいのであれば、冷やして温めて、冷やして温めてを繰り返しながら指で強く揉むと、もっと早く消えます。

なぜ、この方法が効果があるのかと言うと温めることで血流が良くなりさらに強く揉むことによって血を散らすことができるからなんです。

2.塗り薬や軟膏を塗る

薬局などに行くとアザや内出血系の塗り薬が売られています。このような塗り薬を利用するのも効果的です。薬なので効果は抜群ですよ。

塗り薬おすすめなのか次の二つになります

  • ヘパリンZクリーム: 青あざなどを治すための塗り薬です。
  • オロナイン:オロナインは内出血系の症状に効果がある薬です。キスマークもない出血ですのでオロナインも同じように効果を発揮してくれます。

3.コンシーラーやファンデで隠す

一番確実な方法

上の二つでもキスマークはほとんど治ります。でも上の二つを試してもキスマークが消えないという人が少数はいると思います。そんなとき、消す方法として一番確実なのはやっぱりコンシーラーやフォンデなどの化粧で隠すということです。

コレは止めたほうがいいキスマークの消し方

色々調べていると中には、これはやらないほうがいいという方法が載っていたサイトもありました。そこでインターネットでよく見かけるキスマークの消し方でやってははいけないものをいくつかご紹介しようと思います。

1.レモンを貼る

酸性なので、肌が傷つきます

まずレモンは酸性のものです。なので肌に直接つけてしまうと肌を傷つけてしまう恐れがありまます。

ぶつぶつになったり、水ぶくれになったりします

また肌が極端に弱い人は、ぶつぶつが出てしまったり水ぶくれになってしまったりする方がいます。ですのでいくら効果があると言ってもレモンを使った方法はやらない方が良いでしょう。

2.絆創膏を貼る

みんな一度は考えるものなので、すぐバレる

これは直すというよりかは隠す方法ですね。ただしありふれたものですし、皆一度は考えるので、すぐに気付かれてしまいます。

怪我をしてしまって首筋に絆創膏を貼っていた場合でもキスマークじゃないかと疑われてしまうようなものなので、絆創膏を貼って隠すのはおすすめはできないです。

3.ただ冷やす

冷やす方法は、内出血を防ぐのには効果的です。しかし、キスマークはすでに内出血を起こした後なので、冷やす方法ではキスマークは消えません。全くの無意味と言っていいでしょう。

ただし、冷やして温めてを繰り返すのであれば OK です。これは血流を良くするので、効果があります。しかし、ただ冷やすだけは全く効果がないと思ってください。

最後に

即効性のあるキスマークの治し方と、キスマークを治すためにやってはいけないことをご紹介してきました。

最後に一番いい方法をご紹介したいと思います。それはこの記事で紹介した三つのやり方を組み合わせるということです。それぞれ効果の高い方法です。それを組み合わせていただければ、相乗効果で早くキスマークが消えてくれます。ですので、もし迷った方がいれば三つ全てを組み合わせてみることを試してみてください。

コメント